第4回ケアリフォーム大賞結果発表

第13回NPO法人ケアリフォームシステム研究会全国大会が大阪で開催され
 第4回ケアリフォーム大賞が決まりましたのでご報告いたします。


埼玉県:株式会社白石工務店/ 白石 充
『〜ご夫婦の想いに応えたい〜』
第二の新婚生活を明るく楽しむ身体状況に合わせて変化する家

......


新築・大規模改修部門賞

岐阜県凰建設株式会社 
幹治
『「できる」を増やして、自分らしい暮らしを送るためのリハビリセンター』

単位空間部門賞

福岡県:株式会社武藤技建

武藤 俊之
『デモから始まる 住宅改修・住宅改造』


課題部門

該当者なし

学生・福祉部門賞

神戸医療福祉専門学校三田校
義肢装具士科4年制4年

武内 裕介
『 A様邸バリアフリー改修工事 』
 〜将来自分で守ることができる家〜


第4回ケアリフォーム大賞テーマ

テーマ
頸椎損傷の方の住まいの提案
〜自立(律)した生活を目指して〜

今回、ケアリフォーム大賞の例題としてご案内させて頂くのがこちらの住宅です。
本人(A君)は現在、せき損センターに入院中です。
退院後にA君が自立(律)した生活ができるように、リフォームや福祉機器の提案をお願いします。
予算は、提案が良ければある程度のことは考えています。

A君(本人)の身体状況


性別:男性
年齢:25歳
身長:175cm
体重:60kg
……………………………………………………
障がい名:頸椎損傷(完全麻痺)C6
移動:自走用車いす(屋内屋外共用)
運転:手動運転装置車で運転可能
入浴:プッシュアップで可能
排泄:便器の両サイドに移乗台使用で
   自立
就寝:自立(電動ベッド使用)
備考:A君は運動能力が元々高く、
   C6であるが、
   プッシュアップが可能である。

家族構成


母と同居。父は単身赴任中
車一台所有
(手動運転装置車に改造予定)








※写真はイメージです